2021-09-13(Mon)

やったこと

  • 仕事(リファクタ)
  • アプリデザイン

チェックリスト

  • 1コミットする
  • 朝起きる

目標達成度

100%

気分

5 / 10点

体調

5 / 10点

Report

先に日報が書けなかった空白の日から。空白の9日から12日はとてもひどいものだった。

10日の荒れ方が酷くて、頭痛とめまいでメンタル不安定で仕事を早退して、少し休んでそれから歩いて海へ行った。

入水自殺ってどうなんだろう。このまま海に入ってみたら死ぬ勇気もでるだろうか。ぷかぷか浮かんでみたいな。そんな風に考えながら海へ向かっていたけれど、実際の海はやっぱりすごく怖かった。それでも、行動ができない人になりたくなくて、靴も脱がずにそのまま海へ入ってみた。海はあったかくて、そしてすごく力強かった。

膝ぐらいまで浸かっては戻ってを繰り返していた。暗くなってもそれを繰り返して、すっかり日が暮れた頃に、海に来ていた男の人に声をかけられた。お姉さん大丈夫?ちょっと話でもしない?本当に大丈夫?って。

流石に、そのまま入水自殺ごっこを続けるわけにもいかず、しばらく海を眺めていた。あぁ側から見て声を掛けるほどにひどいのだと気づいて、少し泣いた。

そのあと諦めて家に帰ることにした。帰るときに遠くから、気をつけてねって声が聞こえた。海には優しい人がいるもんだね。

砂だらけになった靴を途中の公園の水場で洗って靴下で歩いて帰った。

帰ってからも、友達に酷い暴言を言いまくったり、首吊りごっこをしたり、荒れまくっていた。

 

目に見えるきっかけはあったけれど、多分いつもならこんなには酷くはならない。

友達が同じ病気で同じ薬を飲んでいて、すごい鬱にならん?ってきいたら、めちゃくちゃなるよって言われたので、薬を調べていたら以下の論文をみつけた。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/otoljpn/21/1/21_60/_article/-char/ja/

突発性難聴でステロイドの薬を飲んで精神病になってしまった患者がいること。

で、ステロイド自体にそういった抑うつ症状みたいなのはわかっていたのだけれど、飲み終わって3日ぐらいでも発症することがあるという論文を読んで、あぁ薬の副作用でここまでひどくなるのかと思った。

パニックで過呼吸になって酷いこともいっぱい言ってしまった。

どれだけ鬱でも、どれだけ病気でも、人に言ってはいけないことやってはいけないことってあると思っていて、その一線を超えたことをしてしまったことをすごく後悔している。後悔しているけれど、それを後悔し続けるのもすごく悪循環であることもわかっていて、なんて酷いことをしてしまったんだろうという気持ちに飲み込まれまたパニックになってしまう。そうならないために、そこは全部薬のせいだからと言い聞かせることにした。ただ忘れない。ちゃんと覚えて、もう2度とそうはならないように戦いたい。

 

土曜日までは荒れていて、日曜日にはだいぶ落ち着いていた。

つらすぎて、仕事を休みたいって言いたい言って欲しいってパニックになりながらお願いしたけれど、返り討ちにあった。少ししてパニックが落ち着いて、なんだかすごく悔しくなって、作業を始めた。

お休みの間に2記事書いたよ。

SwiftLintを導入する

XIBを使ったコンポーネント配置の基本

 

この作業をして以降は落ち着いている。もうパニックにはなっていない。でも、神経がピリピリする感じだったり、パニックになりそうな予兆を感じたり、うがー!って叫びたいような興奮しちゃってる感じも残っている。

 

書いた記事に関して、今更すぎる XIB。SwiftUI の記事が大量に出てきている中書き始めたXIBの記事。UIKit。

自分は UIKit に関してだけはツヨツヨだと思っていて、かなり多くのことを知っていると思っている。今後SwiftUI に全て移行して廃れていくものかもしれないけれど、それでも今知っていることの全てをここに書いていこうと思っている。

本当はUIの実装方法とかをいっぱい書いていきたいのだけれど、まずは多分 全てのコンポーネントの使い方から書いていくレベルになると思う。。。今更そんなところに需要があるのかはわからないが。

そして1日1記事を目標にしたいのに、すでに今日も昨日も書いていない。。。

 

さて。ようやく今日のことを書く。

今日はお仕事を朝からした。リファクタリングのお仕事。あと大規模リファクタリングをした画面がマージされたので、今日からQAさんのチェックが入る。どきどき。セルフレビューを死ぬほどしているので、バグが出るはずがないと思っているので、これで見つけられたらすごい。。。怖い

金曜日休んでしまった分のミーティングのホストをして、今やっているリファクタリングの進捗を見せた。いい感じって言われてよかった。

ミーティング終わりに、耳が悪くて薬を飲んでいてその副作用が酷くて体調とメンタルが安定しない話をした。いつ何のきっかけでまたパニックになるかがわからないので、しばらくの間はとても怖いので、この話をちゃんと自分の口でチームに共有できてよかったと思う。

自分は何も言わずにそっと消えようとしてしまう人間なので、もう無理ですと言えずに休んでしまいそうでとても怖い。

でも、こうやって自分の口で伝えられるようになったことが、すごく昔より成長したなとは思うのだ。だからきっと、パニックにも打ち勝てるんじゃないかなと思う。わからんけど、そうなったときに誰も攻撃せず、どこにもいかず、ただ落ち着くまでお布団で丸くなるようにしたい。

 

仕事終わりに、以前に喧嘩して放棄していたアプリのデザインを作ったよ。これに関しては多分誰にも自分がやってますとは言わなそうだな。言うのかな?どうだろう。

めちゃんこかわいいデザインだ。

自分は自分が作るものがすごく好きなので、今回のもとてもかわいい。何で今まで作ってなかったんだろう。数ヶ月放棄したからこそちゃんとデザインが作れるようになった気もするけれど。

 

多分、もう大丈夫。心配して声をかけてくれた人たち、ありがとうございました。

記憶容量が多分かなり多くて、ちょっとしたこともすごい覚えている。これは強みでもあるけれど、弱みでもある。あらゆることを忘れられず、パニックになるとタンスから全部引っ張り出してぶん投げてしまう。

でも忘れられないからこそ、強くなっていけることも多いから。同じ轍さえ踏まなければ、いい。

 

今日の最後に。この話だけ。

自分が死にたいと言ったり死のうとしたりするときの苦しさは、いつも変わらず酷く苦しいのに、周りの人はどんどんと変わっていってしまう。最初は心配してくれていたい人も、今ではまたやってるよと白い目で見ているだけだ。

自分はオオカミ少年のように嘘を言っているわけではないのに、いつも苦しいのに、周りの態度は変わっていく。それはまるで、自分自身に価値がなくなっていくのが目に見えているようだ。

命の重さがどんどんと軽くなる。自傷行為によって、本当に価値がなくなってきている。

そうしていつか本当に死んでしまうのかなと考える。オオカミ少年の逆のようだな。いつも本当のことを言っているのに、だんだんと信じてもらえなくなる。じゃあ最後には嘘をつくしかない。大丈夫だよって言って死んでいくのかもしれない。結末は同じだ。

 

人間は不思議だね。

それじゃあまた。

あんまり寝られてない日が続いているから今日はちゃんと寝れたらイイな。

2021/09/14 00:53