2021-10-16(Sat)

やったこと

チェックリスト

  • 1コミットする
  • 朝起きる

目標達成度

0%

Report

色々と思うところがあって。

つい最近までは Next.js とか新しい技術を取り入れたり、GitHubでなんでも管理できるようにしたり、ローカルで作業をできるようにしたり、そういうことをやるようになっていたのだけれど。

この頃はその辺の価値観がちょっと変わりつつあって。

 

例えば、Zenn で記事を書く時に Web 上で書くか、Zenn-CLI をいれてローカルで記事を書いてGitHubで記事を管理するかといった時に、最近は後者のローカルでの方法を選んでいた。(Zennの2種類の執筆方法について)

で、果たしてこれは本当に正解で成長なのか?と思った。

ローカル管理にしたことにより、記事を書くのにまずはサーバーを立てて(npm run dev をするだけといえばそうなのだけれど)、コミットをしてプッシュをしてパブリッシュにして、画像はわざわざ一度Web上でアップロードをして…

この工程をもっと楽にできる方法を提案してくれている方もいるが、その楽にするためにかかるコストがすごく高い。色々導入してホゲホゲしないといけない。

それが面倒で記事を書くところまで辿り着かない。

 

自分は Zenn で書いているわけではないのだけれど、Zenn のようにマークダウンでかけてGitHubで管理ができる自分のサイトを構築した。

それが、まだプレビュー機能もなく、VSCode上でマークダウンを書いて、GitHubにpushをして初めてプレビューが見れる。

で、それがなかなかに面倒くさい。記事を書かない。書けない。

例えば WordPress なら、画像もドラック&ドロップするだけでいい。

 

なんだろうな。この本末転倒感。

結局のところ、やっぱりそのエディタまで頑張って構築をして、本当にもうコードを見ないで、中身を意識しないで扱えるようになって初めて完成なのだろうなと思った。

うーん。だからといって、今更じゃあ Next.js で作ったものを捨てて WordPress で作ろうというのも中々に嫌だ。だから頑張ってエディタまで作る。そこまでやらないと。

 

今は WordPress でもサイトを作っていて、なんでもできて本当に感動する。少しコードを書くだけでいいし、使っている人も多いので調べてすぐに解決する。

この日報もWordPressのなのだけれど、もうテンプレートができていて、書きたい時は ログインして書くだけ。

こういう枠がもうできているので、書きたい時にすぐ書ける。

それが本当に強い。

WordPress でなんでもできるくらいには詳しいからなのかもしれないなー。Next.jsとかもちゃんと扱えるようになったら、楽しいのかも。単にスキル不足といえば、そう。

 

中途半端になってたので供養

2021/10/18 01:52